花にちなんだ慣用句等

現在のように、科学が発達する以前から、花は存在し、私たちに麗しい見た目の印象や香り高さを与えてきてくれました。
そういった事情から、ことわざや慣用句の中には、花にちなんだものも数多く見受けられます。


それらの言い回しを知って、適切な場面で使うことにより、場を和ませたり、自信の評価を高めたりすることができます。
また、気に入った格言を座右の銘とすれば、日常生活に於いて、有形無形のメリットを与えてくれることでしょう。
ただし、ことわざや慣用句の意味を間違って解釈したり、不適切なシーンで使用したりすると、トラブルを引き起こしたり、不利益を被ったりすることもあり得ますので、気をつけましょう。


例えば、周りに察しの良い人がいたら、褒め言葉として、「一葉落ちて天下の秋を知る」と言ってあげることもできます。
そして、物事の表面にばかり気が行って、中身を充実させることができていない人には、「徒花(あだばな)に実は生(な)らぬ」といってたしなめるという方法もあります。


また、口数が多くて、支障のあることまで口にしてしまう癖のある人は、「言わぬが花」という格言を事あるごとに思い出したり、目につくところに貼り出したりするのも良い方法です。


このように、花を題材にした慣用句、ことわざにはさまざまな利用方法があります。
このカテゴリーでは、それらの言い回しの実例をピックアップして、それぞれの意味や適切なシーンなどを解説してまいります。


○特集
「幸せが飛んでくる」という花言葉なのでお祝いの贈答品としてぴったりの胡蝶蘭の通販サイトです >>> 胡蝶蘭

Copyright © 2014 花にまつわることわざ All Rights Reserved.